さまざまな課題解決策をお客さまと共に考えます! トータル・ソリューション・テクノロジー Total Solution Technology

ソリューショントップページ > 電気 > コンプレッサー設備の省エネ

コンプレッサー設備の改善で省エネ・省コストを実現!コンプレッサー設備の省エネ

使用空気量が少ない時間帯でもコンプレッサーが稼働するなど、貴重なエネルギーを無駄にしていませんか?
四Eが設備と運転状況を詳細に調査させていただいたうえで、コンプレッサー台数の制御、インバーター式コンプレッサーへの変更、エア供給配管のループ化、レシーバータンクの取付けなど、お客さまのご使用状況に即した最適な改善方法を提案させていただきます。

コンプレッサーの省エネ診断

省エネ診断チェックの図

工場でのエネルギー消費量は、そのまま製品コストに影響します。 コンプレッサーでエネルギーを無駄に消費していませんか? 右の項目をチェックしてみましょう。

コンプレッサーの省エネ対策

@エア漏れ・圧力損失の改善

次のようなエア供給配管のエア漏れや圧力損失などの改善措置を講じることで、電力ロスの低減がはかれます。

  • エア供給配管からのエア漏れをなくする。
  • エア供給配管の圧力損失を低減する。
  • エア供給配管をループ化する。
  • 適正なレシーバータンクを設置する。
  • コンプレッサーの吐出圧力を見直し、適正圧力まで下げる。

Aコンプレッサー設備の改善

次のような改善を行うことにより、ロード/アンロード運転を防ぎ、電力ロスの低減がはかれます。

  • 複数台のコンプレッサーを台数制御盤でベース運転と負荷変動運転にグループ分けして制御する。
  • さらに、インバーター式コンプレッサーに変更することにより、高い省エネ効果が得られる。

改善システム図

改善システム図
コンプレッサー設備の省エネ

「コンプレッサー設備の省エネ」に関するお問合せはコチラ

下向き矢印
お問合せ
ページ上部へ戻る