さまざまな課題解決策をお客さまと共に考えます! トータル・ソリューション・テクノロジー Total Solution Technology

ソリューショントップページ > 熱 > ボイラー設備の活用と改善

ボイラー設備の調査・診断業務 ボイラー設備の活用と改善

熱エネルギーを有効にご利用されていますか? 工場等のボイラーは取付け後長期間を経過してきますと、機能低下による蒸気の供給能力不足はいうまでもなく、製造ライン等の変更などにより、蒸気の必要量が減っているにもかかわらず、容量の大きいボイラーが運転されているケースもあります。 ボイラーを機能低下した状態や低負荷で運転すると大きな熱ロスを生じ、貴重なエネルギーの無駄づかいにつながります。
四Eよんいーでは、ボイラー等の蒸気設備の稼働状況や劣化状況などを調査・診断のうえ、効果的な改善策を提案させていただく業務を実施していますので、どうぞご利用ください。

よくあるボイラーの問題点(その1)

ボイラー画像

● 製造設備の変更がないにもかかわらず、最近燃料消費量が増えてきた。

改善すると

● ボイラーの燃料消費量、蒸気圧力、給水量などを測定・調査のうえ効率を算定し、老朽化か故障かの判別を行い、必要な措置を提案します。

よくあるボイラーの問題点(その2)

よくあるボイラーの問題点の図

● 製造設備を効率のよい省エネタイプに変更しても燃料消費量が減らない。

改善すると

● 製造設備に必要な蒸気圧力に対して、ボイラー蒸気の供給圧力の設定が高めになっていないか調査し、適正な圧力設定を行います。

よくあるボイラーの問題点(その3)

ボイラー機種の図

● ボイラーが老朽化したので同機種・同容量のものに取替えたが、蒸気の供給量が不足気味になっている。

改善すると

● 製造設備の運転パターンや蒸気使用量などを調査し、ボイラーの性能がそれに見合ったものであるかどうかを判別します。 ボイラーの取替えにあたっては、蒸気発生量だけで判断するのではなく、製造設備の蒸気使用特性をよく把握したうえで、最適な機種を選定することが重要です。

製造設備の蒸気使用状況ボイラー機種
蒸気使用量の変動が小さく、
多量の蒸気が必要
小型貫流ボイラーを複数台設置
大型貫流ボイラー
蒸気使用量の変動が小さく、
少量の蒸気でよい
小型貫流ボイラー
蒸気使用量の変動が大きく、
多量の蒸気が必要
炉筒煙管ボイラー

「ボイラー設備の活用と改善」に関するお問合せはコチラ

下向き矢印
お問合せ
ページ上部へ戻る