さまざまな課題解決策をお客さまと共に考えます! トータル・ソリューション・テクノロジー Total Solution Technology

ソリューショントップページ > 熱 > 蒸気ドレンをうまく使って省エネ

ボイラーの蒸気ドレン回収・再利用で省エネ・省コストと作業環境改善を実現!蒸気ドレンをうまく使って省エネ

ボイラーでつくられた蒸気を乾燥、殺菌など加熱工程の熱源として使用する場合に発生するドレン(加熱の役割を終えた高温水)は、ほどんどがそのまま捨てられていますが、これを効率よく回収し、ボイラーの給水を加熱することにより、運転コストの低減と省エネがはかられます。
この機会に、生産工程をチェックし、ドレンの回収と再利用をお勧めします。

ドレンを再利用しない場合の問題点

ドレンを再利用しない場合の問題点の図
  • ドレンをそのまま廃棄しているため、熱エネルギーと給水を無駄にしています。
  • ドレンは排水処理する必要があり、大きな容量の排水槽が必要となります。
  • 排水施設から出た蒸気により、作業環境が悪化します。
改善すると

ドレンの回収・再利用方法

ドレンの回収・再利用方法

新たにドレンタンクと給水ポンプを設置し、新設配管を通じてドレンを既設の給水タンクに送り込み、ドレンの熱エネルギーで給水を加温します。

ドレン再利用のメリット

ドレン再利用のメリットの図

「蒸気ドレンをうまく使って省エネ」に関するお問合せはコチラ

下向き矢印
お問合せ
ページ上部へ戻る