さまざまな課題解決策をお客さまと共に考えます! トータル・ソリューション・テクノロジー Total Solution Technology

ソリューショントップページ > 熱 > フラッシュ蒸気をうまく使って省エネ

フラッシュ蒸気の回収・再利用で省エネ・省コストと作業環境改善を実現!フラッシュ蒸気をうまく使って省エネ

100℃以上のドレン(加熱の役割を終えた高温水)をスチームトラップを経由して大気中に放出する際にフラッシュ蒸気(再蒸発蒸気)が発生します。この低圧蒸気を効率よく回収して温風乾燥機の予熱等に再利用することにより、省エネと生産性の向上がはかられます。 また、フラッシュ蒸気の放出が少なくなるため、作業環境の改善にも役立ちます。

フラッシュ蒸気を再利用しない場合の問題点

フラッシュ蒸気を再利用しない場合の問題点の図
  • フラッシュ蒸気をそのまま大気中に放出しているため、熱エネルギーを無駄にしています。
  • 排水施設から出た蒸気により、作業環境が悪化します。
改善すると

フラッシュ蒸気の回収・再利用方法

フラッシュ蒸気の回収・再利用方法の図
  • 新たにフラッシュタンクと熱交換器を設置し、フラッシュタンク内で発生する蒸気を熱交換器で予熱することにより、温風乾燥機などに送る温風の温度を効率よく上昇させます。

フラッシュ蒸気再利用のメリット

フラッシュ蒸気再利用のメリットの図

「フラッシュ蒸気をうまく使って省エネ」に関するお問合せはコチラ

下向き矢印
お問合せ
ページ上部へ戻る